パソコンに対応するメモリの探し方

Post Thumbnail of パソコンに対応するメモリの探し方
 設定       

Tweet
メモリが少ない場合増設すると早くなると紹介しました。
しかし、メモリはパソコンごとに仕様が異なるものを使っていて
どれでも追加すればいいというものではありません。
では、どのようにしてパソコンに合うメモリを探せばいいのでしょうか?
BUFFALOなどのパソコン機器販売サイトでどのメモリを使えばいいか検索できます。
今回はPanasonicのLet’s note W8のメモリを探してみます。
1、以下のURLからBUFFALOのサイトに移動します
http://buffalo.jp/search/pc/
2、サイトに移動後
手動検索の欄のメモリにチェックをいれ
型番の欄に使用されているパソコンの型番を入れます

3、型番を入れるとメーカーが表示されます
その中から該当するメーカを選択します。

4、検索ボタンを押すと候補の一覧が出てきます

5、表示された中から該当するものをクリックします
すると詳細な内容が出るので、これを電気屋さんに持って行ってもOK

6、5の画像の赤い枠の部分をクリックすると実際のメモリが表示され
そこから購入することも可能です。

以上がパソコンに対応するメモリの探し方です。
これでメモリを調達できれば、
あとはパソコンを開いて差し込むだけでOKです♪
メモリの確認方法はこちらを参考にしてください⇒パソコンのメモリ容量の確認方法
メモリを追加するとなぜいいのかはこちらを参考にしてください⇒メモリの増設
これを読んでみてもやっぱり無理という方は、
コメントなどにメッセージをいただければ増設作業いたしますので是非どうぞ。

パソコンに対応するメモリの探し方の続きを読む>>

20 8月 2011  No comments

パソコンのメモリ容量の確認方法

Post Thumbnail of パソコンのメモリ容量の確認方法
 設定       

Tweet
パソコンの動作が遅い場合、メモリが足りていないかもしれません。
メモリとはパソコンの部品の一つで、
パソコンは処理する際に
このメモリの上にデータを持ってきてから処理します。
ですので、このメモリが小さいと
一気に処理できる量が少ないため処理が遅くなってしまいます。
そこで、あなたのパソコンのメモリがどれぐらいあるのか確認してみましょう!!
パソコンのメモリ容量の確認方法は、

パソコンのメモリ容量の確認方法の続きを読む>>

6 8月 2011  2 comments

メモリの増設

Post Thumbnail of メモリの増設
 設定       

Tweet
パソコンの動作が遅い!!
それは、もしかしたらメモリが小さいからかもしれません。
メモリとはパソコンの部品の一つで、
パソコンは処理する際に
このメモリの上にデータを持ってきてから処理します。
ですので、このメモリが小さいと
一気に処理できる量が少ないため処理が遅くなってしまいます。
最近のPCはメモリが大きいものが多く、
それに合わせてソフトも作られるようになってきたため
少し古いPCはメモリ不足に陥ることが多くなってきました。。。
これを解決するためには
メモリを増設するのが一番です!!
数千円で増設できるので
パソコンを買い替えるより安く済みます♪
パソコンのメモリ容量の確認方法はこちらをご覧ください⇒パソコンのメモリ容量の確認方法(XP)

メモリはこんな感じの部品で、
PCによって使えるメモリが違います。
ですので、
周りのPCに詳しい人やメーカーに連絡してどのメモリを使えばいいか聞いてみましょう↑↑
そして、聞いたメモリを買ってパソコンをパカッと開けて刺すだけでOKです♪
今までより軽快にパソコンが動き出しますよ☆
—————————- 注意点 —————————————–
パソコンは精密機器ですので、静電気には十分注意しましょう!
Windows XPの場合とWindows 7 などでも32bitバージョンの場合
4GB以上メモリを増やしてもあまり効果がありません。
ですので、最高でも4GB!
最低でも2GBのメモリになるようにメモリを増やしてみましょう!!
—————————- 注意点 —————————————–
※ご連絡いただければメモリの追加代行私がやりますよ♪
(すべてできるとは限りませんが。。。)

メモリの増設の続きを読む>>

5 8月 2011  1 comment
CrossBlock designed by DeltaManual.Com  |  In conjunction with Web Hosting   |   Web Hosting   |   Reverse phone